RUTILEA

About us

未来のシンギュラリティを今日届ける

Greater intelligence than humans is coming not future but today

Our Business

デジタルツイン上での最適化

AIを用いた自動化

本社

京都市左京区下堤町82恵美須ビル

資本金

1.8億円 (資本準備金含む) 

従業員数

Full time 24
Part time 60 

Press Release

Slide 1
自動車内外装向け “耐傷つき性(スクラッチ特性)” を撮像する最適なAIカメラを開発
2021/7/28

今年で創業 60 年を迎える風合い試験機メーカーのカトーテック株式会社(本社:京都市南区, 以下カトーテック)は、 AI・ロボティクスなどの先端技術を駆使する京都大学発のスタートアップ企業、株式会社 RUTILEA (本社:京都市左京区、 以下 RUTILEA)と協業し、自動車内外装向けの”耐傷つき性”を可視化する AI カメラを開発。 2021 年 8 月より本格的に販売を開始します。

Slide 1
AI外観検査に適した撮像手法の開発とそれを実現するハードウェアの販売開始
2020/6/19

株式会社RUTILEA(本社: 京都府京都市) ははオープンビジネスモデルを展開するベンチャー企業です。弊社製品SDTestは、外観検査に必要なアルゴリズムの統合ソリューションであり、より多くの実ライン導入を目標に研究開発を進めております。新たに、 外観検査AIに最適な撮像手法を開発し、AI外観検査の高精度化を実現しました。

Slide 1
オープンソース外観検査SDTestの大幅アップデート:セグメンテーションによる不良検出に加えてオートエンコーダーを用いない異常検知手法の可視化の独自開発
2020/6/2

弊社製品SDTestは、外観検査に必要なアルゴリズムの統合ソリューションであり、より多くの実ライン導入を目標に研究開発を進めております。今回新たに、セグメンテーション法と独自開発した異常検知における可視化法(図1)を開発をすることができました。これらの技術を活用することで、より多くのワークに対して外観検査自動化を実現していきます。

Slide 1
AI・ディープラーニングを用いたオープンソースソフトウェア「SDTest」の実績と自動外観検査用ハードウェアの開発
2020/4/2

株式会社RUTILEAは、AI・ディープラーニングを用いたオープンソースソフトウェア「SDTest」を昨年9月にリリースし、これまで500社以上からダウンロードされました。また外観検査の自動化を実現させたワークは多岐にわたり、現在も22件が進行中。また、より各社の検査環境に合わせたハードウェアや検査装置の開発も行っており、現在5件の納品が完了しています。

Slide 1
AI・ディープラーニングを用いたピッキング自動化ソフトウェアを開発
2020/3/9

株式会社RUTILEA (本社: 京都府京都市) はばら積みピッキングソフトウェアを開発し、オープンソースとして公開しました。「SDTest」と組み合わせることで外観検査工程の省人化が可能になりました。

Slide 1
AI・ディープラーニングを用いたオープンソースソフトウェア「SDTest」と協働ロボットアームを統合した外観検査自動化ソリューションを開発、新たに発表
2019/9/17

株式会社RUTILEA (本社: 京都府京都市) は、AI・ディープラーニングを用いたオープンソースソフトウェア「SDTest」と協働ロボットアームを活用した外観検査自動化ソリューションを開発し、新たに公開する。SDTestをロボットアームと組み合わせることにより、目視作業の自動化に加え、物を正確に運ぶ・動かす領域まで自動化することに成功した。

Slide 1
AI・ディープラーニングを用いた検査自動化ソフトウェア「SDTest」をオープンソースでリリース
2019/8/8

株式会社RUTILEA (本社: 東京都港区、開発拠点: 京都府京都市) は、AI・ディープラーニングを用いた外観検査ソフトウェア「SDTest」をオープンソースで開発・リリースしました。SDTestは製造ラインの外観検査自動化において難しいとされていた技術面と費用面の課題を両面から解決しました。技術面では、ディープラーニングによるアプローチを適用することで、光沢のある金属部品や傷が見えにくい黒色系部品、精密な半導体部品の欠陥を100%検出する精度、また費用面では、オープンソースにすることで、これまで導入の障壁となっていた導入コスト、開発費用を抑えることを可能にしました。