RUTILEA

作業モニタリングシステム

作業工程のリアルタイム映像のモニタリングによるポカよけ、作業分析による効率性の追求

ヒューマンエラーや作業員ごとの作業品質のバラつきをなくすことは製品の信頼性向上に有効です。本製品は、作業映像をリアルタイムにAIでモニタリングすることで、従来のライトカーテンや光電センサを用いた方法よりも柔軟性の高い作業工程のモニタリングを可能にしポカヨケを実現します。

また、作業工程の分析によりヒストグラムなどの統計的情報を閲覧、分析可能なプラットフォームを提供します。この分析により、作業者の効率性を向上することができます。

導入効果

 

動画から抽出した動きと事前登録した動きを比較し、作業ミスを検知することで、エラーの原因が特定でき、ヒューマンエラーを防止できます。

 

作業工程におけるボトルネックや作業者による作業時間のバラつきを可視化することで、作業員ごとの作業水準を統一し、作業効率を改善します。

ポカよけ(異常検知)

映像内の監視領域を指定し、物体検出と姿勢推定によって、正常な作業工程を設定します。

その工程から乖離した動作を検出し異常がある場合はアラートを発生します。

作業分析による効率性の追求

作業工程にかかった時間を計測、記録し、ヒストグラムなどにより統計分析を可能にします。これにより、ボトルネックや作業者ごとの作業時間のバラつきを可視化し、作業水準の統一を実現します。

製品の見積もり

弊社エンジニアに相談する

原則2日以内に返信します。